ウズベキスタン日本センター(UJC)15周年記念行事開催

ウズベキスタン日本センター(UJC15周年記念行事開催

2016年9月17日、タシケント市内のトルキスタン宮殿で、ウズベキスタン日本センター(UJC)の15周年記念行事が開催されました。イベントは二部構成で実施し、5時間に及ぶ大規模なものでした。第一部はトルキスタン宮殿のロビーにおいて日本の祭りの屋台をイメージした場を提供し、第二部はコンサートホール内でUJCの受講生・修了生によるコンサートを実施しました。

 

 老若男女600人以上の人々がイベントを訪れ、それぞれの好みや関心に応じて、ビジネスゲーム、書道、生け花、スイカ割りなどを体験し、剣玉、輪投げ、紙相撲などの日本の遊びに興じました。参加者はコンテストに参加したり、かき氷を試食したり、協賛企業からのサプライズ・プレゼントを受け取ったりしました。家庭的なお祭りの雰囲気のなか、参加者一人一人が自分を主人公のように感じたはずです。本イベントに協賛いただいた、UJCビジネスコース・プロフェッショナルマネジメントプログラム(PMP)修了生は下記の方々です。

 

•           ウズベキスタンラグビー協会:アナトリー・シロフさん(PMP-8)

•           «Samo Product»社:アブロール・ダダホジャエフさん(PMP-12)

•           «Avangardo»社:アジズ・ナザロフさん(PMP-17 )

•           «FIORI»社:ノディラ・ワヒドワさん

•           «Bafu Potato»社:バフチヨール・ニグマトフさん( PMP-19)

•           «Print Mebel group»社:バブール・バイブラートフ(PMP-23)

•     «Sochnaya dolina»社:マルクル・ロジバエフさん(PMP-16)

•           «Robokids»社 :チムール・アザモフさん( PMP-23)

•           シャボン玉ショー:チムール・ナルタジエフさん(PMP-23)

•           «Unusual skills territory»社:エレナ・フォキナさん(PMP-25)等…

 

SNS上で話題をさらい高い評価を受けた第二部のコンサートプログラムは、UJCの15年間の歩みを紹介するプロモーションビデオで大々的に幕あけました。髙田裕彦ウズベキスタン日本センター共同所長が開会の辞を述べ、伊藤伸彰・駐ウズベキスタン日本国特命全権大使よりご挨拶の言葉をいただきました。

コンサートは、UJCのダンスコース受講生による「よさこい」で始まり、会場は日本のお祭りの熱気に包まれました。その後も趣向を凝らした演目が繰り広げられ、観客からの拍手喝采は強まるばかりでした。特筆すべきことは、コンサートの全演目はUJCの修了生、受講生、ボランティア、そしてスタッフの協力で出来上がったことです。コンサート出演者は、日本の歌をはじめとする様々な歌を素晴らしい歌唱力で熱唱し、ドゥタール、バイオリン、ピアノを演奏しました。また、ある出演者はサーカスのアクロバットで観客の目をくぎ付けにし、UJCブハラ分室からの参加者によるブハラ舞踊に観客は魅了されました。

また、JICA青年海外協力隊の有志の方々も合唱団を編成して大舞台に立ち、日本の美しいメロディーで爽やかな印象を残してくれました。ビジネスコースPMP修了生で編成されたコーラスグループ「おもいやり」は5つの歌を披露し、なかでも「PMP賛歌」はコンサートのフィナーレの演目として、大いに盛り上がりました。

イベント参加者からは、UJC15周年記念行事はとても暖かい家庭的な雰囲気の中で行われ、末永く思い出に残るものだったとの感想が寄せられています。